医者との結婚は女性として最大の幸せ…と思いきや、実は医者と結婚してみて後悔することというのも意外とあるものです。

現実と理想のギャップは医者との結婚にもあり、医者と結婚して「こんなことならやっぱり結婚しなければ良かった…」と思う女性もいないわけではありません。医者との結婚は誰もが憧れることですし、少し意外ですよね。

医者と結婚して後悔する瞬間とはどんなときなのでしょうか?いつか結婚の夢が叶ったとき後悔しないためにも、医者との結婚を夢見る女性なら、医者との結婚に後悔する瞬間も知っておきたいはずです。以下にその瞬間をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

今まで仲が良かった人達からの嫉妬

羨望による人の嫉妬は怖いものです。医者と結婚したことで周りの仲の良かった友達から急に嫉妬され、態度が豹変してしまうことが考えられます。今まで仲が良かったからこそ、ショックは大きいはずです。仲が崩壊してしまう場合、夫の結婚を後悔することすらあるでしょう。

医者との結婚に憧れる女性は多いので、周りの人が晴れて医者と結婚しただけで、劣等感を感じ嫉妬の炎を燃やす女性もいるものなのです。自分は仲良くしたいと思っていても、友達自身はそれを受け入れられない場合も多いので、友達が一人、二人と減ってしまう可能性があります。

医者との幸せな結婚を手に入れても、友達を失ってしまってはなんだか虚しいですよね。友達からの嫉妬が原因で医者との結婚を後悔する場合も実はたくさんあるのです。

 

夫の不規則な生活に合わせる必要がある

医者の夫を一生懸命支えようと思っても、実際に結婚してやってみるとなかなかつらいところはあるようです。医者は多忙であるがゆえに生活のリズムが崩れやすく、とても不規則な生活になりやすいのが特徴です。

そのため、夫に合わせて自分も不規則な生活を妻も送ることになりがちなのが、医者の夫との結婚生活なのです。最初は夫のサポートを頑張るつもりでいても、夜に夫の帰りをずっと待っているのは眠くて大変でしょうし、昼夜逆転気味の生活に合わせなければいけないのもきついでしょう。

「こんなに大変なら医者の男性なんて結婚相手に選ぶんじゃなかった…」と医者の妻が後悔する瞬間は、夫の生活リズムに合わせなければいけない苦労を感じたときによくあると言います。不規則な生活を送ると自分自身も体調を崩しやすいので大変です。

 

夫は、家庭より仕事を優先にしがち

医者の妻は孤独を感じることが多いと言います。なぜなら、夫はどうしても家庭よりも仕事を優先しがちになってしまうからです。医者の仕事自体がとても忙しいため、これはどうしようもないことです。

大好きな夫との幸せな結婚生活を夢見ていた女性は、あまりにほったらかしにされてしまう結婚生活に戸惑いを覚えるでしょう。夫は帰ってきても疲れてすぐに寝てしまうことが多いでしょうし、当直で帰らない日も多いはずです。

それよりも裕福な暮らしができるから大丈夫!などと医者の夫を持ったことをポジティブにとらえられなければ、放置されていることにつらさしか感じられないでしょう。

 

家庭を一人で守らないといけない

医者の妻は子供が産まれても、基本的には子育ても一人でしなければいけませんし、家庭のことを夫に頼ることはできないでしょう。医者は家庭を顧みる余裕はほとんどない職業だからです。

特に子育てに不安を覚える女性は多いですから、そんなときサポートしてくれる夫がいれば安心ですよね。二人で子育ての苦労やつらいことも共有していきたいと思うはずです。でも医者の夫を持つとなかなかそうはいきません。基本的には全部自分でやらなければいけないので、メンタルが弱い女性はすぐにくじけてしまうでしょう。